©2017 amanokouya

天野紺屋

創業1870年 糸染め紺屋

1870年創業の藍染紺屋。現在五代目の天野尚が代表を務める。もともと広瀬町は文政7年(1827年)に長岡貞子が伯耆国米子町から絣の染織技術を広め「広瀬絣」の里として栄える。最盛期には久留米絣、伊予絣と並ぶ西日本の三大生産地と称され、多くの紺屋が染めの技術を競い合ったと言われています。


戦後、染色業の衰退により、広瀬に唯一の紺屋となったが、変わらぬ技法で「綿」「麻」「絹」の糸を染めています

天野紺屋は『割建て紺屋』です。

詳しくはこちらでご説明しております。

青蛙

天野紺屋5代目 天野尚 -作家名 青蛙-

幼少の頃から藍色を身近に感じながら育つ。

 

京都の成安造形短期大学で染め織りを専攻し、帰省後 祖父 圭 のもと藍の染め、管理を学ぶ。糸染め専門の紺屋ながら布染めに興味を持ち、布染色の本を先生に試行錯誤を繰り返し「藍型染め」を始める。

 

青蛙という名前は、最初の展示会の際天野紺屋に影響がないようにと青と蛙、好きなものを2つ並べて『青蛙』と名付けた。

 

それ以降気に入って使っている。

住所・連絡先

〒692-0404 島根県安来市広瀬町広瀬968

Tel&Fax : 0854-32-3384

​営業時間

定 休 日 : 不定休

営業時間 : 10:00〜18:00

0

カート